みんなの未来(あした)を守る会は「命を守る施策ファイブ」を定めました。
1.さいたま市の主要駅に救急救命士や救急車を常駐します。
2.子どもたちや妊産婦のネットとリアルの駆け込み寺を創設します。
3.テレワークなど労働者本位の自由で多様な働き方改革で過労死を防ぎます。
4.ITを利用した見守りサービスの充実で孤独死を防ぎます。
5.ペット業者や飼い主の責任を強化して動物殺処分をゼロにします。

これらは、さいたま市民との意見交換会で出された意見から作りました。たとえば最初の駅への救急車常駐は以下の意見がきっかけです。「なんで?駅にはひっきりなしに救急車が停まっているのに駅に常駐させないの?救命救急士や出来たらお医者さんがいたらもっと救われる命もあると思うんだけど」。そこで私達みんなの未来(あした)を守る会で調べました。
みんなの未来(あした)を守る会は、さいたま市民の想いや発想の具現化をお手伝いします。
無題