Oneさいたまの会は「聞いてよ市長!第2回さいたま市民政策プレゼン大会」を開催します。清水勇人さいたま市長をお呼びして、市民生活、保健福祉、まちづくり、文教スポーツの4分野で市民が議論した政策をプレゼンします。さいたま市民政策勉強会「Oneさいたまの会」では毎月一回上記4グループに分かれて議論してきました。
日時:2019年10月30日(水)午後7時から9時まで
場所:サウスピア9階多目的ホール
最寄駅:JR東日本・武蔵浦和駅
市民が首長に政策提言するイベントは非常にユニークな試みです。スマホアプリの活用など民間感覚あふれる政策プレゼンになっています。さいたま市民はもちろん、他市区町村の方も参考になる内容です。積極的にご参加ください。

内容は以下です。
市民生活グループは、今村純「業務の『見せる化』でフラストレーション軽減 みんなで地域を良くする仕組み」です。市民からの要望事項の行政内での処理状況を関係者間で、まず「見える化」し、更に市民に対して「見せる化」する仕組みを提言します。それによって住民と行政双方の負担を軽減します。身近な生活課題にフォーカスして検討した結果です。
保健福祉グループは林田力「新しい時代には新しい医療を 新しい医療のカタチ」です。さいたま市は2018年の幸福度ランキングで総合2位です。しかし、健康は8位でした(寺島実郎監修、日本総合研究所編、日本ユニシス株式会社総合技術研究所システム分析協力『全47都道府県幸福度ランキング2018年版』東洋経済新報社、2018年)。そこで新しい時代に合った、①患者の診療満足度、②医療従事者の労働満足度、③病院のコスト満足度を高める施策を提案します。究極的には患者の診療満足度を高めることが重要ですが、持続可能な仕組みにするためには医療従事者の労働満足度や病院のコスト満足度を高めることも必要です。
まちづくりグループは田中信幸「誰もがどこでも行けるさいたま市に」です。まちづくりの視点から、誰もが行きたいところに行ける市内交通のことを考えたところ、ものすごく多くのことにつながりました。
文教スポーツグループは岩井寛和「市民皆学生 文教都市さいたま名物の教育シンボルを作ろう」です。国内でもあまり例のない、「文教都市」として名高いさいたま市。若い世代を中心に、老若男女誰もが好きな時に学べ、成長できる、さいたま市ならではの画期的な教育シンボルの創設案を思いつきました。