みんなの未来(あした)を守る会 林田力

みんなの未来(あした)を守る会(代表:林田力)は、私達みんなが希望を持って未来(あした)を迎えられるようにすることを目的として埼玉県さいたま市で結成されました。さいたま市を、もっと住み続けたい、暮らしやすくしたい、楽しみたい、遊びたい、出かけたい、働きたい、産みたい街を目指します。そのためには、さいたま市をもっと知る必要があります。私達は積極的に情報を発信し、共有していきます。

2018年09月

Oneさいたまの会「聞いてよ市長!さいたま市民政策プレゼンテーション」が毎日新聞で報道されました(錦織祐一「市民有志がさいたま市長に提案」毎日新聞埼玉版2018年9月29日)。林田力「自殺0を目指す 明日の約束プロジェクト」は「自殺者ゼロを目指して、例えばお寺を文字通りの駆け込み寺にして常時相談できる居場所を」と紹介されました。

記事は田中伸幸「飛び出せ!行政マン」を特集しています。ここで取り上げられた縦割行政の弊害の問題は深刻です。民間企業がユーザーエクスペリエンスを重視するようになっている中で後進性が際立ちます。

行政の対応では「たらいまわし」が古くから批判されます。これは解決に役立つ部署を案内するのではなく、自分達の責任逃れをすることが第一と見え隠れすることが問題です。「問題を解決するために何ができるか」ではなく、「それは自分の仕事ではない」ということを相手に理解させることにエネルギーを注ぎます。それは極論すれば、相手が野垂れ死にしようが、憤死しようが関係ないという行政の冷酷さに行き着きかねないものです。

分業すること自体は人類の知恵です。何でもかんでも自部署で成し遂げる必要はなく、それは非効率です。民間企業では自前主義が批判され、企業の枠や国境さえ超えた共創やエコシステムがキーワードになっています。民間の分業と行政のたらいまわしの落差は、むしろ「自分の部署の完結を意識し過ぎる」という公務員の姿勢にあるとの指摘は鋭いです。その意味で清水勇人市長のまとめ「公務員には苦手な分野もあり、市民協働の新しい文化を創りたい」に大きな意味があると思います。

みんなの未来(あした)を守る会(代表林田力)は今冬に埼玉県さいたま市桜区で新たなイベントを企画中です。カウンセラーさんとの出会いの場、知っていただく場を設けたいと思います。テーマは「君はひとりじゃない~どん底から這い上がる勇気」という形を考えています。詳細が決まりましたら、またお知らせさせていただきます。何卒、皆様にもご協力よろしくお願いいたしますm(__)m

Oneさいたまの会主催「聞いてよ市長!さいたま市民政策プレゼンテーション」で「自殺0を目指す 明日の約束プロジェクト」を発表します。発表は夜8時9分から8時24分を予定しています。入場無料。ぜひみなさまお越しください!

「聞いてよ市長!さいたま市民政策プレゼンテーション」は自分の住む街が「こうしたら良くなる」を役所や議員任せにしないで自分達で直接届けてみよう!という企画です。いよいよさいたま市の清水市長を実際にお呼びしてにダイレクトにお伝えします。
さいたま市長をお呼びして「こんなのはどうでしょう?」といった感じの政策プレゼンテーションを行います。今回は第一回目。今後定期的に開催して市に直接声を届けられるように出来たら面白いと考えています。
みなさんからアイデアを集めたところ、多く集まり過ぎて、今回は4つとさせて頂きました。
さいたま市への思いを、熱を一緒に感じてみませんか?次のプレゼンターはあなたかも知れません!
日時:2018年9月26日午後7時から9時まで
場所:武蔵浦和コミュニティセンター9F多目的ホール(〒336-8586 埼玉県さいたま市南区別所7丁目20-1)
複合公益施設サウスピア9階です。最寄駅はJR東日本の埼京線と武蔵野線の武蔵浦和駅です。JR東日本・武蔵浦和駅からペデストリアンデッキで直結しています。
定員:200名(先着順)
参加費:無料

みんなの未来(あした)を守る会NEWS第2号「秋ヶ瀬公園を防災教育の場に」では「ボランティアマッチングシステム」も取り上げています。

災害時のボランティア支援は今や一般的になりました。ボランティアの活動も医療、看護、介護、保育、メンタルケア、建築、システムなど多様かつ専門的になっています。次の課題はボランティアのニーズと配置のミスマッチです。
中央集権的な運営では被災者から問い合わせのあったニーズへの対応や大勢集まったボランティアの対応に忙殺され、被災者の困り事のニーズ把握や適切なボランティアの配置が疎かになりがちです。被災地に来たボランティアが待機したまま活動できないこともあります。逆に山口県周防大島町で行方不明となっていた2歳男児を発見した尾畠春夫さんのように、ニーズ情報が分かれば効果的に行動するボランティアもいます。
そこでボランティアマッチングシステムを整備して適材適所の効率的・効果的な支援ができるようにします。

みんなの未来(あした)を守る会NEWS第2号「秋ヶ瀬公園を防災教育の場に」を発行しました。NEWS第1号「水害について考えよう」に引き続き、防災をテーマとしました。
秋ヶ瀬公園を防災キャンプなど実践型防災教育の場として活用します。
災害が多発する日本。実践型防災教育の必要性が高まっています。秋ヶ瀬公園は実践型防災教育の場として適しています。
ライフラインや備蓄品が乏しい状態の不自由さを体験し、限られた素材を工夫した生活を体験します。極限状態から生き延びる訓練になります。
秋ヶ瀬公園は住宅地や駅から相応の時間歩く必要があります。徒歩帰宅訓練にもなります。他区や市外からの防災教育の受け入れることもできます。
残念なことに桜区は他区からの訪問者が少ないです。平成29年度さいたま市民意識調査で桜区は、さいたま市民が居住区以外でよく行く場所で僅か5.8%です。これは区の中で最下位です(平成29年度さいたま市民意識調査、在住者意識調査8頁)。秋ヶ瀬公園を防災教育や防災訓練の場にして訪問者を呼べるようにしませんか。また、桜区内外において必要とされる大型備蓄倉庫や帰宅難民の荒川を利用した水上移送など、防災救済の拠点基地にしませんか?

↑このページのトップヘ