Oneさいたまの会「聞いてよ市長!さいたま市民政策プレゼンテーション」のプレゼン「地域の相互扶助を支える新たな仕組みを!」ではエンゲージシステムが提案されました。このエンゲージシステムはプレゼン「自殺0を目指す 明日の約束プロジェクト」にも取り込んでいます。
このエンゲージシステムのように自治体が自らサービスを提供するのではなく、サービスの需要と供給の場を構築することは自治体戦略2040構想研究会第一次報告の方向性とも合致します。「自治体は、単なる「サービス・プロバイダー」から、公・共・私が協力し合う場を設定する「プラットフォーム・ビルダー」への転換が求められる」(『自治体戦略2040構想研究会 第一次報告 人口減少下において満足度の高い人生と人間を尊重する社会をどう構築するか』「Ⅳ 2040 年頃を見据えた自治体戦略の基本的方向性」2018年、49頁)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01gyosei04_02000064.html
Oneさいたまの会「聞いてよ市長!さいたま市民政策プレゼンテーション」における林田力「自殺0を目指す 明日の約束プロジェクト」
http://saitamashi.blog.jp/archives/12918260.html
自殺0を目指す明日の約束プロジェクト
https://www.youtube.com/watch?v=ZFZlsCm5Oik