駅の救命体制を強化したいとの提案がありました。駅の人命を救います。駅は多くの人が利用しています。駅で病気や怪我をする人も多く、救急の駅への出動も多いです。駅の救命体制を強化します。

ステーションドクター
主要駅(浦和駅、南浦和駅、武蔵浦和駅、与野本町駅、大宮駅、さいたま新都心駅、浦和美園駅)に、救命救急医や救命救急士が常駐します。
駅徒歩圏内に各専門医が救命救急処置を行うために、メディカルシステムネットワークを構築できるように起業支援してメディカルホスピタルセンターを設置します。

レスキューステーション
主要駅にレスキューカーが24時間、常駐します。

ドクターヘリポート
主要駅より500メートル以内にランデブーポイントとしてドクターヘリのヘリポートを設置します。

レスキューウェイ
常に命が最優先、緊急時、レスキューカーが最優先されるように徹底するため啓蒙活動を小学生から始めます。