自殺の類型で無視できないものは妊産婦の自殺です。東京23区で自殺により亡くなった妊産婦の数は2005~2014年の10年間で63人になります(「10年で63人…東京23区 産後うつ影響か」毎日新聞2016年4月24日)。日本産科婦人科学会などの調査依頼に基づき、東京都監察医務院と順天堂大の竹田省教授が調査しました。
出産数に占める割合では10万人あたり8.5人。これは出産時の出血などによる妊産婦死亡率の2倍です。妊産婦の自殺死亡率は全人口の自殺死亡率に比べると相対的に低いものの、子どもを生み、育てるという状況の数字としては問題です。
妊産婦の自殺者の内訳は妊娠中の自殺は23人(妊娠2カ月で12人)、産後1年未満は40人(産後4カ月で9人)。出産後に自殺した人の3分の1が産後うつ。「急激なホルモンバランスの変化や慣れない育児へのストレス、疲労などによって、うつまでならなくても体がだるいとかイライラするなどの不定愁訴が増える」(中山美里「妊産婦の死因1位は「自殺」。共感の声が続々 、その内容とは?」BRAVA 2016年4月30日)
「家庭内で「お母さん」と同じだけの働きをする大人を確保すること、出産で思った以上に心身ともに傷ついている産褥婦のケアをしっかり行うことで、産後うつは減らせるのではないか」(kikka303「妊産婦の死因の最多が“自殺”という事実。 初産後に産後鬱を経験した2児の母が思うこと」赤すぐみんなの体験記2016年4月27日)