ネットとリアルに明日の約束ができる場を
みんなの未来(あした)を守る会は、自殺をゼロにすることを目指します。自殺をなくすことは最優先課題です。その手段として「明日の約束」を提示します。
自殺をなくすためにはどうすればいいでしょうか。私達は明日の約束を考えました。明日の約束は生きる意味になります。人は「明日の約束」があると死ねません。約束があると、約束を果たそうと思うものです。明日の約束は魔法の言葉です。
「明日の約束」をするための場所づくりを始めたいと考えます。ネットとリアルの双方で「明日の約束」ができる場を作ります。インターネット上のコミュニティーと駆け込み寺などのリアルの場に明日の約束ができる場を作ります。明日の約束とネットコミュニティーとリアルの場で自殺をなくします。これは、みんなの未来(あした)を守るために今すぐ取り組むべきことと考えます。
コミュニケーションの手段として若者には電話以上に身近になったネット上にコミュニティーを作ります。また、現実の場でも駆け込み寺を作ります。困ったり悩んだり苦しかったり辛かったりした時には、あそこに行けば良いんだ、助けて、支えて、聞いてと言える場所、逃げ場所、居場所にします。このような場を作り、増やしていくには官民一体の本気の取り組みが必要です。官民一体の取り組みで、さいたま市をさらに元気なまちへ。みんなの力を結集しましょう。