みんなの未来(あした)を守る会 林田力

みんなの未来(あした)を守る会(代表:林田力)は、私達みんなが希望を持って未来(あした)を迎えられるようにすることを目的として埼玉県さいたま市で結成されました。さいたま市を、もっと住み続けたい、暮らしやすくしたい、楽しみたい、遊びたい、出かけたい、働きたい、産みたい街を目指します。そのためには、さいたま市をもっと知る必要があります。私達は積極的に情報を発信し、共有していきます。


みんなの未来(あした)を守る会ペライチ
https://peraichi.com/landing_pages/view/minnanoashita
みんなの未来(あした)を守る会
https://www.facebook.com/minnanoashita/
代表 林田力
http://www.hayariki.net/

さいたま市は市立中学校・高等学校の生徒を対象にSNSを活用した悩み相談を始めます。LINEによる相談窓口を開設し、専門の相談員が、双方向で様々な悩みに対応します(「8月22日から「さいたま市SNSを活用した相談窓口」が始まります」2018年8月15日記者発表)。教育相談の一つのツールとして、気軽に相談できるSNSを活用することで、児童生徒の悩みへの早期対応を図ります。適切な相談相手につなげることができる体制を構築します。
実施期間は2018年8月22日から9月30日までの40日間。相談時間は午後5時から午後10時まで。学校を通して紹介カードを配布することで生徒に周知します。平成30年度一般会計補正予算の「教育相談推進事業」として983万8千円が計上されました。
今やコミュニケーションの手段としてネットは電話よりも身近になっています。みんなの未来(あした)を守る会は「ネットとリアルに明日の約束ができる場を」を掲げており、さいたま市の取り組みを歓迎します。
既に草加市は中学校にいじめ相談の匿名通報アプリ「STOPit(ストップイット)」を導入しました。市教育委員会の職員が報告や相談を受けつけ、生徒とやりとりします。内容次第で相談した生徒が通う学校側に通知します。
また、東京都は2018年3月に自殺防止相談の手段としてLINEを試験導入したところ、30代以下の若年層の相談件数の割合が、電話による相談よりも多くなりました。LINEが若年層の相談窓口として有効であることが明らかになりました。
2018年版自殺対策白書(2018年6月19日発表)ではSNSを利用した相談を評価しています。「若者を含め、対面や電話でのコミュニケーションが苦手な人を相談につなげられた、家族に聞かれたくない話がしやすい」
「SNS相談は、①様々な専門家のチームプレーによる対応が可能、②その場に居合わせない専門家とも状況を共有して対応することが可能、③相談履歴が残るので、相談員が代わっても同じことを聴かずにすむ、といった電話相談ではできない相談対応が可能となる利点がある、文字による方が本音でやりとりでき、課題解決のための支援につなげやすいこともあった」(70頁以下)
http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/jisatsu/18/index.html
伊藤次郎・NPO法人OVA(オーヴァ)代表理事はネットの有用性を指摘します。「若者のコミュニケーションツールはネットが主流で、電話相談はハードルが高い。ネットの方がより、若者の声を受け止めることが出来る」(「若者の自殺対策、ネットでの受け皿充実を」朝日新聞2017年11月5日)

自殺は殺人です。いじめやパワハラが背後にあることが多いです。自殺の類型としては過労自殺を無視できません。ワタミ過労自殺や電通過労自殺のように若者の自殺の問題にも重なります。過労自殺は過労死の中で語られることが多く、長時間労働が問題視されますが、パワハラも大きな原因です。
作家の江上剛さんは以下のように指摘します。「人は長時間労働だけで自殺まではしないと思うんです。必ずパワハラがセットになっている」(「過労自殺の背後に必ず「上司のパワハラ」がある」毎日新聞2017年1月1日)
過労ではなく純粋にパワハラ自殺のケースもあります。神奈川県警の警察官の拳銃自殺は、男性上司から「お前と組みたいやつなんかいない」などと言われ、蹴るなどの暴力を受けたとされます(「<巡査自殺>「パワハラ原因」遺族が損賠提訴 横浜地裁」毎日新聞2018年3月13日)。
過労死自体も長時間労働だけでなく、パワハラが重要な要素になっています。東急ハンズ心斎橋店過労死事件では月80時間という昭和の感覚では相対的に短い残業時間でも7800万円という高額な損害賠償が命じられました。その背景には罵倒などのパワハラが存在しました。一律に労働時間を規制する画一的官僚的手法だけでは過労死や過労自殺をなくせません。

ネットとリアルに明日の約束ができる場を
みんなの未来(あした)を守る会は、自殺をゼロにすることを目指します。自殺をなくすことは最優先課題です。その手段として「明日の約束」を提示します。
自殺をなくすためにはどうすればいいでしょうか。私達は明日の約束を考えました。明日の約束は生きる意味になります。人は「明日の約束」があると死ねません。約束があると、約束を果たそうと思うものです。明日の約束は魔法の言葉です。
「明日の約束」をするための場所づくりを始めたいと考えます。ネットとリアルの双方で「明日の約束」ができる場を作ります。インターネット上のコミュニティーと駆け込み寺などのリアルの場に明日の約束ができる場を作ります。明日の約束とネットコミュニティーとリアルの場で自殺をなくします。これは、みんなの未来(あした)を守るために今すぐ取り組むべきことと考えます。
コミュニケーションの手段として若者には電話以上に身近になったネット上にコミュニティーを作ります。また、現実の場でも駆け込み寺を作ります。困ったり悩んだり苦しかったり辛かったりした時には、あそこに行けば良いんだ、助けて、支えて、聞いてと言える場所、逃げ場所、居場所にします。このような場を作り、増やしていくには官民一体の本気の取り組みが必要です。官民一体の取り組みで、さいたま市をさらに元気なまちへ。みんなの力を結集しましょう。

↑このページのトップヘ