みんなの未来(あした)を守る会 林田力

みんなの未来(あした)を守る会(代表:林田力)は、私達みんなが希望を持って未来(あした)を迎えられるようにすることを目的として埼玉県さいたま市で結成されました。さいたま市を、もっと住み続けたい、暮らしやすくしたい、楽しみたい、遊びたい、出かけたい、働きたい、産みたい街を目指します。そのためには、さいたま市をもっと知る必要があります。私達は積極的に情報を発信し、共有していきます。


みんなの未来(あした)を守る会ペライチ
https://peraichi.com/landing_pages/view/minnanoashita
みんなの未来(あした)を守る会
https://www.facebook.com/minnanoashita/
代表 林田力
http://www.hayariki.net/

桜区道場で親子クリスマスイベント

みんなの未来(あした)を守る会(代表:林田力)は「まみたん クリスマスフェスタinさいたま」に特別協賛します。「まみたん クリスマスフェスタinさいたま」は子育て情報誌「まみたん」と地域のお店や企業がお届けするお楽しみが盛りだくさんの親子で楽しめるクリスマス特別イベントです。
「まみたん」はプレママから保育園&幼稚園ママ・パパの子育て応援情報誌です。子育てパパさん、ママさん、お子さんの明るい未来を応援します。

みんなの未来(あした)を守る会は、さいたま市桜区をもっと楽しく面白くしたいと活動しています。実は平成29年度さいたま市民意識調査によると、桜区への不満として最も高いものは、楽しみしているイベントが少ないというものでした(在住者意識調査44頁)。桜区は外からの訪問者も少ない地域です。平成29年度さいたま市民意識調査で、さいたま市10区の中で桜区は、さいたま市民が居住区以外に良く行く場所の最下位です(在住者意識調査8頁)。このような桜区で「まみたん クリスマスフェスタinさいたま」のようなイベントを開催する意義は大きいものと考えます。

「まみたん クリスマスフェスタinさいたま」はキッズ写真撮影会、スタンプラリー、カウンセリング、体験ワークショップ、ステージイベントがあります。

●ステージイベント
11:00~11:30[Dance Studio LABRA]
11:30~12:00[はすだ広報大使「にゃんたぶぅ」]
13:00~13:30[y.yアカデミーdeバレエ]
13:30~14:00[RAZARIS DANCE&FITNESS]
14:00~14:30[東京五輪音頭-2020-~皆で踊ろう~]
日時:2018年12月16日(日)午前10時30分から午後4時30分
会場:プラザウエスト2F多目的ルーム(さいたま市桜区道場4-3-1)
料金:入場無料(一部有料ブースあり)
司会:村田綾(さいたま観光大使)
主催:まみたん(株式会社ぱど)
特別協賛:みんなの未来(あした)を守る会
後援:さいたま市
飲食提供・協力:協賛各社
授乳・オムツ替えスペースもあります。離乳食、ミルクの持ち込みは可能ですが、保管等には十分ご注意ください。ゴミは必ずお持ち帰りください。

●ブース
さいたま市環境局
日本赤十字社埼玉県支部
生活クラブ生活協同組合(埼玉)
株式会社TOSEI
積水ハウス株式会社
公文教育研究会大宮事務局
生活協同組合コープみらい
ダイニングキッチンえんぎ
パッションワーカーズ
絆ジャパン

●ワークショップ
おもちゃカフェ ブロックはかせ.LABO:レゴブロックのクリスマスツリー作り
フラワーデザイナー協会フィエルテスクール:食べたくなるようなお花のプチケーキ作り
きっちん みか:クリスマスのドーナツ作り
アンジュールモダンバレエ:バレエレッスン体験&バレエ衣装試着体験
癒しのサロン&スクールWITCH:お菓子なバスボム作り&ハンドメイド品販売
グリーンベアイングリッシュ:クリスマスリース作り

企画の一部を紹介します。
「アンジュールモダンバレエ」さんは無料体験ブースで「体験レッスン」と「バレエ衣裳試着体験」を開催します。憧れのバレリーナを体験できます。当日は手ぶらでお越しいただいてOKです。!お好きな衣裳で、バレエレッスンを無料で体験できます。簡単なステップを踏んで、気分はバレリーナです。
「おもちゃカフェ ブロックはかせ.LABO」さんは12月16日に臨時休業して「まみたん クリスマスフェスタinさいたま」に参加します。ワークショップではレゴブロックを使ってクリスマスツリーを作ります。
「レココスタジオ」さんはクリスマスイメージでオリジナルスタジオ作って、無料で撮影します。
絆ジャパンさんは「福島応援ブース」を作ります。いわきの児童養護施設の子どもたちで来春小学1年生になる3人の児童へランドセルを贈るための募金活動を行います。また、同じくいわきで活動している「ふくしま・オーガニックコットンプロジェクト」を紹介します。
http://saitamashi.blog.jp/archives/13604353.html

出産費用と出産一時金の差を縮めよう

みんなの未来(あした)を守る会NEWS第6号「出産費用と出産一時金の差を縮めよう」を2018年12月14日に発行しました。
出産時には出産一時金42万円が健康保険から支払われますが、実際の出産にかかる費用は42万円を上回ることが一般です。
出産費用の平成24年度の埼玉県平均は51万1,750円です(厚生労働省保険局「出産育児一時金の見直しについて」2014年7月7日、6頁)。他にも検診や出産準備用品、ベビー用品・育児用品の費用がかかり、2,30万円超の出費が想定されます。
出産の大変さは代われませんが、せめて費用は社会で負担したいものです。実際の費用と一時金の差をできるだけ縮めていきたいと考えます。
http://www.hayariki.net/poli/
your6a

ユーザーをデータの海に溺れさせない

「2. ユーザーをデータの海に溺れさせない」の「ケーキを食べたいユーザーに、ケーキを作るための材料を提供してはいけない」に考えさせられました。
教育や福祉分野の議論では逆に「魚をあげるよりも魚の釣り方を教える方が大切」と言われることがあります。これはユーザーの本当の課題が目の前の空腹を満たすこと以上に、自立することにある場合に有用です。
一方で制度を押し付ける側の独善で「ケーキを食べたいユーザーに、ケーキを作るための材料を提供」するようなことをしているのではないかと考えさせられました。行政相談では「ケーキを食べたいユーザーに、ケーキを作るための材料を提供」することで仕事を済ませたつもりになりがちです。別の窓口を教える、たらい回しにもこの病理があります。
https://uxmilk.jp/75515
お問い合わせ
ギャラリー
  • 出産費用と出産一時金の差を縮めよう
  • 地域課題を解決する会SDGsサミットこくちーず
  • 統計から桜区を考える
  • 客引きについて考える
  • 地域課題を解決する会SDGsサミットのフライヤー
  • 地域課題を解決する会SDGsサミットのイベントページ開設
  • 絆ジャパン福島県浜通りクリスマスイベント募金活動
  • 地域課題を解決する会SDGsサミットのプログラム
  • みんなの未来(あした)を守る会NEWS第3号配布
記事検索
  • ライブドアブログ